姫路市F様邸新築工事、本日受けた防水工事検査の様子ご紹介!

いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)

先週も暑い日が続きましたね((+_+))

朝晩の気温の差もまだ大きく、体調を崩してしまいそう・・・と思いながら毎日元気にお仕事頑張ります!

本日は、計6回受ける品質検査の内、第5回目となる外部の防水検査の様子をご紹介いたします!

 

防水工事検査バルコニーをチェック

新築工事において、この防水工事というのはとても重要な工程です。

(重要でない工程はありませんが・・・)

「雨が降っても家の中は濡れない」という、当たり前の様に思えることを現実にするための工程です。

これはバルコニーの防水の様子ですが、床面にはグレー色のFRP防水、

腰壁にはタイベックと書いてある、透湿防水シートが施工されています。

防水工事と一言で言っても、施工する場所の使用用途、形状、その他の色んな要素によって

様々な防水が施工されているんですよ!

ここでミスでもあったら大事です(‘◇’)ゞしっかりと検査をしていただきますよ!

腰壁の防水シートを確認

現場の職人さんに確認

スケールをあてて、必要寸法を満たしているか確認したり、時には現場で直接

施工した職人さんと話をしたり、かなり細かくチェックは続きます。

検査を受ける立場としては、なんだかヒヤヒヤするんですが、この検査をクリアしていくことで

自信をもってお客様にお引渡し出来るんです(^^♪

開口部はテープでしっかりと

外壁面には、換気扇やエアコンなど内外で貫通している箇所がいくつかあります。

そういう箇所には、この様なテープで水下側から密閉していきます。

 

厳しい検査も終わり、ほっと一息です(*^-^*)

今回はここまで!

 

 

このページの先頭へ

Plugin creado por AcIDc00L: noticias juegos
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: seo valencia