Blog

ブログ8

  • 現場ブログ
  • 2020.2.15
  • NEW

たつの市N様邸新築工事、木工事が進んでおります

たつの市N様邸新築工事、木工事が進んでおります

いつもご覧いただきありがとうございます。

2月も中盤、何だか暖かい日が続きましたが、来週からまた寒の戻りがあるとか・・・( ゚Д゚)

春が待ち遠しいですね。

さて、建前&手形式の様子をご紹介したN様邸ですが、毎日職人さん方が作業を進めてくれています。

今回ご紹介したいのは・・・

エヴォルツ

制振装置evoltz-エヴォルツ-です。

皆様も一度は「耐震」とか「耐震性」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「制振」はどうでしょうか?

耐震性能とは家が倒壊しない為の強度(とても簡単に言うと)、

そして制振装置は建物に加わる地震のエネルギーを軽減させる為の装置、いわば「耐震を長持ちさせる装置」なんです(‘ω’)ノ

上の写真の様なシンプルな形状ですが、私たちが作った図面を基に、専門家が適切な設置位置を検討してできたevoltz配置図通りに施工されることで、すごい力を発揮し続けます。

 

その他にも

ホールダウン金物
火打ち金物

様々な形状の金物が、部材と部材をつなぐ為・接合部の強度を保つ為に家のありとあらゆる所で活躍しているんですよ。

そして、

家まもり金物検査

何度もブログでご紹介してきましたが、適切に金物が設置されているか、建築基準法上の検査に加えて、あかつきでは別の検査機関による検査も受けています。

検査員の方が厳しい目で現場をくまなく見て回り、写真におさめていきます。

この様な厳しい検査を受けて、その検査をクリアしてやっとお客様にお引渡しできる家の完成なんですよ!

N様邸の完成までにはまだ少し日がありますが、どんどん形が出来ていくのが楽しみですね!

今回はここまで!

トップへ