姫路市S様邸、古家解体工事の様子をご紹介します(^_^)

 

先日、足場の組立までを終わらせ、いよいよ解体作業に着工しました。

昨日はあいにくの雨、しかも一日中降り続きましたね・・・(*_*)

まぁ良いように考えれば、湿度があれば埃が舞うのを抑えてくれます。

この日の作業は室内の解体がメインだったので、作業自体には影響もありません。

気分が優れないのと、搬出時に濡れるだけです(>_<)

 

まずはこの様に解体家屋全体を囲むように足場にシートをかけてしまいます。

保安上、防音などの近隣対策上でもとても大切ですが、

私としては、このシートはお客様のプライバシーを守る為にも、

とても重要な役割を果たしていると考えます。

前面道路や敷地条件などから、シートで囲みきれない場合も勿論あります。

解体作業の進捗状況や作業の利便性の為に、一部シートを撤去する場合もあります。

解体した部材を搬出する出入り口も必要です。

ですが、考えてみて下さい、家の本当の奥の奥、見せたくない場所ってありますよね?

例えば、最近まで使用していたトイレ、ドアが外れた状態で赤の他人に

見られたくはないですよね?

今まで見せていなかったモノを他人に見せるというのは、やはり心理的にダメージを

受ける事ですよね。

そういう所に配慮して現場を進めていきたいと思います(^_^)/

まずは手作業での解体からスタートです。

手で外せる建具や仕上げ材を職人さん達が慣れた手つきで撤去していきます(゜o゜)

お客様のお宅を解体する時いつも思いますが、大切な思い出を壊してしまわない様、

丁寧な作業を心掛けることが大切ですね。

内部の手作業が済むと、次は重機での解体が始まります。

お客様、近隣の方々への配慮を忘れず、丁寧に作業していきますね(^_^)

本日はここまで(^_^)/

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: seo valencia