姫路市SK様邸新築工事、着工いたしました!(^^)!

週末に地鎮祭を終え、昨日はあいにくの雨模様・・・。

先日のブログにも書きましたが、今週は雨の日も多そうですね(>_<)

しかし、工事は始まったばかり!

勿論、工程もある程度の余裕をもって組んでおります(^^)v

焦らずに落ち着いて工事を進めてまいります!(^^)!

まずは土工事です。別の現場でも何度かご紹介していますが、

家づくりの文字通り基礎となる部分ですので、今回もご紹介していきます(^_^)/

地鎮祭が終わり、雨の為に一日遅れの土工事開始です。

まずは地面に白線を引いて大まかに家の輪郭が分かる様にします。

重機で掘り進めていくので そのガイド的な役割ですね。

現在一般的なベタ基礎の施工です。

建物の外壁部分を深く掘っていきます。

ここに立ち上がりのコンクリートを打設しますが、その立ち上がりと

土間コンクリートが一体化する様に配筋して一つの構造物にします。

この基礎の要となる部分です。

一昔前まで一般的だった布基礎が、線で建物を支えていたのに対して

ベタ基礎では、面で建物を支えます。

ですので、建物全体の荷重が床面積全体に分散されるのです。

もう一つ、ベタ基礎の場合は、立ち上がり基礎の内部にも、

必ず鉄筋を入れて土間コンクリートを打設しますので、地盤からの湿気を上に上げません。

布基礎の場合は同じように基礎内部にコンクリートを打設することはできましたが、

構造上必要ではなかったので、されてない家がたくさんありましたね。

床下点検口をのぞいたら土が見えるお宅も多いはずです。

 

最後にこの写真、

 

ゴチャゴチャとした写真ですが、これは左側の細い電柱と水道の事を書こうと思って

選んだ写真です。

私が建築の仕事を始めて、初めてこの様な現場の仮設電気・水道を見た時に

とても不思議な感覚を覚えたのを思い出したのでご紹介します。

工事現場では、色んな場面で電気と水が必要です。

差し込めば電気が通い、ひねれば水が出る。

当たり前の事の様に思いますが、この様な建築現場でもそれを可能にする。

日々の生活水を何時間もかけて汲みに行く様な国もある中で、

豊かな国に生まれた幸せを感じました。

 

本日はここまで(^_^)

 

 

 

 

このページの先頭へ

Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: seo valencia